認知療法の大問題点

認知療法というものがあって、精神科などでは時として、パニック障害やうつ病とされる人たちに用いられているようです。

これはどういう療法なのか、まずちょっと説明します。

たとえば、パニック障害とされる方はよく、電車に乗るとパニック発作が起きたり、あるいは、パニック発作がまた起きるのではないかという予期不安で電車に乗れない、あるいは、電車に乗ると、とても不安で落ち着けない、なんていう現象が起きる症状を呈します。

そこで、では、認知療法では、これをどう扱うかというと、患者との対話を通して、電車に乗ってそもそも不安を感じる理由なんてないんだ、電車に乗ってパニックを起こす理由なんて、そんなものははじめっから何もないんだ、実際、みんな何も不安がらずに電車に乗っているんだし、電車の中で居眠りしている人だっているくらいに、電車は、とても安全な乗り物なんだ、そこには何一つ不安に感じるようなものなんかないんだ、等々、電車に乗ったからと言って、不安を感じたり、ましてやパニック発作を起こす理由は何もないんだ、という、いわゆる「正しい認知」を持ってもらうことによって、パニック障害を治す、という療法のようです。

ごくかいつまんで言うと、あんたの認知にはどこか歪みがあるからパニック障害になってるんだ。 正しい認知を持ったら、そんなことも起らなくなるよ、っていう理屈に基づく療法なわけです。

さて、認知に歪みがあるって言われますが、そうした人たち(あなたもその中に含まれているかもしれませんね)だって、もともとは、元来、本来は、電車が不安とか、そこに危険があるとかパニックを起こすなどというようなことなんかは、何一つ考えないで、ごくごく普通に、それこそ時にはうたたねもしながら何の心配もしないで安心して、その他大勢の人たちと全く同じように、普通に電車に乗っていた人たちなんですよ。 言うまでもありませんが。

確かに電車は安全な乗り物なのでしょう。 ですので、それゆえ、電車に乗ったからといって、何も不安がったり怖がったりする必要はないのも、当たり前といえば当たり前の事でしょう。 そしてあなたも、パニック障害になる前は、まったく普通にこう思っていたはずです。

では、果たして、今のあなたが認知にどこか歪みがあったとしても、以前のあなたには認知に歪みはなかったということなのでしょうか。 だとすると、たとえ認知に歪みがない人だってパニック障害は発症する、ということになってしまいます。 そうすると、今、あなたが認知の歪みを仮に正したとしても、いったいどういう利点があなたにあるというのでしょうか??

一見して、論理的に大きな矛盾があることがお分かりかと思います。

と申しますか、一度パニック発作を起こした人ならば、似たような状況で、また起こすのではないかと心配するのは、ごく当たり前のことで、それは認知の歪みでも何でもないのではないでしょうか! たとえ、電車がいくら安全な乗り物だとはいえ。

お分かりでしょうか? そもそも、この認知療法という療法にははじめから内部に論理の破綻をきたしているのです。

もう一度振り返って起きます。 以前のあなた、パニック障害も何も起こしていないあなたは、その時は、電車は安全な乗り物なので、不安がることもなく普通に乗れるんだ、という歪みのない正しい認識のもとに乗っていたから、安全に落ち着いて、動悸や過呼吸などのパニックも起こすこともなく、安心して乗れていた、というのです。 でも、今のあなたは、どこか認識に歪みが生じて、何故か、電車は安心して乗れるものではない、いつまたパニックを起こして死ぬような目に遭うか分からない、などという間違った認識を持っているから、それは正されなければならない、というわけです。

まあ、一見したところでは、この理屈はまるで正しいかのように映ります。 でも、実はそこにはトリックがあるわけなのです。