はじめに

当催眠療法サイトについて

当サイトは催眠療法を詳しく解説した一般向けサイトです。

ですが、今現在、まだ工事中です。 一応完成するまでには、もうしばらくかかります。

毎日毎日、時間を見つけて、少しづつ少しづつ加筆・修正しているところです。 これはほぼすべてのページに渡ってなされています。 とは言ってももちろん、毎日すべてのページが加筆修正されているという意味ではありません。

尚、当サイトはどのページの文章も、決して読みやすいものではないかもしれません。 ポン、ポン・・、ポン! とリズムよく、直感的に文章が把握できて、内容がすぐにつかめて、飛ばし読みや斜め読みしても理解できる、というものでは、間違ってもありません。

なぜならば、直感的にすぐ、手っ取り早く伝えられる内容が書かれているわけでは決してないからです。 あなたのこれまでの理解を超える内容が書かれているかもしれない、と思われて、じっくりと腰を据えてお読みください。 読んでいてまだるっこしい書き方だと思われる点が多々現れてくると思いますが、それは話が簡単ではないからです。 たとえ明解ではあっても、簡単な話ではないからです。

実のところ、書き始めてまだ間もないころ、弟子の一人にちょっと見せたところ、「先生の話は難しいです。 比較的いい年した人でも読解力も驚くほど乏しい人が多いですから、多くの人は理解できないかもしれません。」と言われました。

私もそれを聞いて、余程、もっとざっくりとした書き方である種分かりやすく書き直そうかと一瞬考えないでもありませんでしたが、やっぱりそれはやめました。 それでは読者層が一変してしまうからです。

別にこのサイトは何でも手っ取り早く分かった気にだけなりたいような、ある意味依存心の高い方を読者として想定してるサイトではないからです。

あなたも、そういう人が対象なサイトなら読む気も失せるでしょう。

と聞いて、期待が外れた、自分は手っ取り早く分かるサイトを探しているんだ、という方は、当サイトはとても読んではいられないと思いますので、当サイトは早く閉じたほうが良いかもしれません。

と言っても、決して当サイトは、だらだらと不必要なことを冗長に書いているわけではありません。 むしろ、他にはない深部の分かりやすさを旨としています。

今言ったことは、手軽に読めて、簡単に分かった気になりたい方には、そのご要望にはお答えできませんが、催眠療法の本質的なことを求めている方には、当サイト以上のものを求めるのは無理だろうという自負がある、ということです。 一般向け(平易)とは言っても、この点を踏まえて、ご了承の上、読み続けていただくようお願いする次第です。

ところで、世の中には数多くの催眠療法に関わるサイトがあります。 催眠(や催眠療法)は多くの場合、一般に胡散臭く思われていて、誤解されて伝わってます。 そしてそのことに関して伝えられているサイトなら非常に数多くあります。ですが悲しいことに、どのように誤解されているか、となると必ずしも正しくは伝えられていないのが実際のところです。

さて、催眠というものに対して、多くの人達がまず最初に思い浮かべるのは催眠術のショー、ということになるでしょう。 そうした催眠ショーで用いられている催眠も催眠には違いありません。 多くの人はそのイメージから、催眠とは操られたり怖いもの、という認識があります。

ですが、催眠療法に関心を寄せる方々の多くは、(そうした不安、心配も持ちながらも、)催眠ショーと催眠療法は異なるもので、催眠療法は催眠ショーのように、操られたり怖いものではない、きっと自分の問題も解決してくれるに違いない、という期待があるものです。

また、催眠療法(の成果)には常識を超える一面が現実にあるのは紛れもない事実ですが、関心を寄せる方々の中には、何かとんでもない超現実的な超常現象を期待されている(依存心の強い)方もいるようです。

そうした方々に、多くの人達が抱いている(催眠ショーに代表される)催眠のイメージには誤解があるんだという話をするのはた易いことですし、そうした話は(仮に本当は間違った話をしても)受け入れられやすいことでしょう。

今ここで言っている意味、お分かりでしょうか??

つまり何を今ここで述べたいかというと、

催眠の表面的な誤解を半ば解くだけで、あなたが持っている本当の誤解には実際には何一つ触れることなく、それで信頼を得ようとすることしかできないサイトが世の中やネット上で大部分を占めているのが実際だということです。 この意味、お分かりでしょうか??

当サイトをしっかり読み進めていくと、それは次第に明らかになるでしょう。

当サイトの読み方

当サイトは、読む順番はどなたにとっても基本的に、トップページの上から真っ直ぐに読んでいくのが良いでしょう。

知っているよ、分かっているよ、と思われる項目もおありかと思いますが、おそらくそのどれもが、思わぬ勘違いや思い違いをされているかもしれません。

いや、もっと正確に言うと、そんなことくらい知っているよ、そんなことくらい言われなくても分かっているよ、と思うところこそが、何かとても大きな勘違いをしている可能性の高いポイントだと思って読み進める心構えが大切だと言えましょう。 そして、その多くは、少しくらい読み進めても依然として誤解に気付かないかもしれません。 それを念頭に入れて読み進める姿勢が大切です。

そうしたところをすっ飛ばして読んでも、結局、今の思い込みからは出ることはできませんので。 そうしたところこそは、斜め読みとかはしないように十分に注意して、じっくりと時間を使って読むようにされてください。

詳細説明として載ってる項目はどれも、トップページとそれに続く本文の中等の必要な箇所でリンクがつけられてますので、その都度に参照するのが良いでしょう。

決してそれらを単独で読んではダメというわけではありませんが。 ですが、各項目を単独で読んでいると、そうとは気がつかないうちに、いつのまにか、断片断片の寄せ集めの知識だけしか頭には残ってない、なんてことにもなりかねません。

催眠の歴史

催眠の歴史は古く、古代エジプトの昔から使われていたようです。 「眠りの寺院」とやらでは、僧侶が信者を眠り(催眠状態??)に誘導して、病気を治療する暗示を与えていたようです。

つまり催眠は決して近代になってから始まったものではないということです。 (近代では胡散臭いものとして葬り去られては、また息を吹き返す、ということの繰り返しの感があります。それに関しては当サイトのテーマではありませんので触れません。)

当サイトでは管理人の私が20世紀後半から今世紀21世紀にかけて今生きている人間ですので、はっきり言って、歴史の事は事実は皆目わかりませんが、しかしながら、催眠療法時代を超えて人類に成果をもたらしてくれる療法です。

この技術はいつの時代にあっても広く使えるものというスタンスで、当サイトで紹介しています。

そういう次第で、催眠の歴史はこのくらいにして、

それでは早速、こちらからどうぞ → クリック