小笠原諸島の前の地震

そういえば、先日の小笠原諸島の大地震の前に、その数日前でしたっけ、そのころにこちらでは地震がありました。その地震は私でもはっきり感じることはできました。

その地震はガタガタと縦揺れだけが、20秒くらいは続きましたっけ、その縦揺れの揺れは結構大きな揺れでした。何故かその後、横揺れは来なかったのですが、あの縦揺れの規模からすれば、相当に大きな横揺れが来るものだと思ってました。 そう、2011年の3.11の時に匹敵するくらいの大きな揺れがきてもおかしくないと覚悟を決めてました。 あの時の揺れはすさまじく、30分後にも同じくらいの規模の揺れ(余震?)が来ましたからね。おかげさまで停電を起こし、水道のポンプが働かず水が出なくなるし、深夜にガスの給湯機が凍結したようで、故障してしまって、もう大変な目に遭ったものでした。

あの時は手回しラジオを聞いていて、地震速報とほぼ同じタイミングで寄れてたので、凄く生の迫力がありました。ニュースでは、街がまるごと流された町もある、なんてまるで冗談みたいなニュースも流れていて、ほんとうに怖かったものです。

そこで先日の縦揺れの時、またあんな大きな地震になるのか、とも思いましたが、縦揺れだけでピタッと止まったのは何とも運が良いというか、大きな驚きでした。

そして数日後の小笠原諸島の大地震。 何故か私だけは全く何一つとして揺れを感じてなかったのに、繰り返しテレビでニュースが流れているのを見て、何とも現実味のないことかと思いました。

それにしても、なぜ私(だけ??)はあの日本全国に伝わったはずの揺れを一切感じなかったのでしょうかね??

催眠療法とは関係のない話でした。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ