ウソの催眠

催眠では本当はできないことを、あたかもできるかのように見せかけている人々がいます。  そういう方々は通常、催眠術師と呼ばれる方々に多いものです。  催眠術師という方々は、たいていは催眠ショーなどで、催眠をショーとして用いて、お客さんを喜ばすのが仕事の人たちです。

彼らの目的は、催眠で面白可笑しくお客さんを笑わせることが目的なのです。 そのため、しばしば、催眠では本当はできないことをあたかもできてるように見せかけることがしばしばあります。  それは、ショーだから許されるべきもの、とも言えます。 そうした催眠とはいえない催眠にどういうものがあるのかは、この下層のページで書いていきます。

それとは別によく、催眠療法と称して、本当はできないことをできるかのように見せかけている人たちもいます。 これはショーではないので、許されるべきものではないでしょう。  これについては、このサイト全体を読んで行けば自ずと正しく理解できるように書いて行きます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ