優れた催眠療法(ヒプノセラピー)を身につける秘訣とは・・・

 催眠療法は英語ではHypnotherapy(ヒプノセラピー)といいます。
この二つの言葉は本来的に同じです。

 でも、

 ヒプノセラピーという言葉は日本でもよく使われているせいか、
催眠療法とヒプノセラピーとは別療法と思っている方々も世間には数多くいるようです。

中には、催眠療法は催眠術を用いた暗示の刷り込みで人の行動を変える療法で、
それに対してヒプノセラピーは人を心を奥底から癒すことで人を変える根本的な療法だと

何か勘違いされてる方々もいるようです。

 ヒプノセラピー、とかく世間では、
過去のトラウマを解消すれば、
問題が根本原因から消滅して、
癒しが得られ、人生が変わると、
思われている節があります。

 世間ではとかくトラウマ解消のためと称して、
幼児退行や前世退行の退行催眠が用いられているようです。

 ですが、

 過去の辛い出来事など、思い出したくもないことをわざわざ蒸し返されていては、
ただ、かえって辛くさせられたというだけで、
それはトラウマの解消どころの話ではありませんし、

 まして、本人や何の罪もない母親のことをけなされて侮辱されたんでは、
それはセラピーでも何でもありません。

 さらに、目を強く押されたりすれば、それは傷害行為というものです。

 あるいは、何か情景を想像させて心理テストを行ったり、
何一つ思い出してもいないのに、物語を捏造させて形だけ真似て誤魔化す。

 こうした行為はどれもヒプノセラピー(催眠療法)とは言えない行為です。

これらの施術者達は実のところ催眠状態にさえ誘導できていないわけですが、
あなたがもし既にセラピストなら、
知らず知らずのうちにこうした行為を行ったりしていないでしょうか?

 そうかと言って、催眠療法とは暗示を繰り返し何回も何回も与えることによって、
その暗示内容が潜在意識に刷り込まれて作用する、というものでもありません。

 催眠療法は決して洗脳行為ではありませんし、また、パブロフの犬のように
繰り返し動作による条件反射とも異なります。
そうしたセラピストも同様に催眠状態に誘導できさえしてない素人と言えます。

 催眠に誘導することは簡単なことです、とよく素人さんは言います。
確かに簡単は簡単なのですが、それはそれ相応の人が行った場合に限ります。

意識的に普通の人を催眠状態に誘導するには、簡単と言っても実は十分な訓練が必要です。
催眠ショーと違って催眠にかかり易い人だけを選ぶことができないのが
催眠術師と催眠療法士の大きく異なるところです。

 さあ、あなたはどういうヒプノセラピスト(催眠療法士)になりたいでしょうか。
それはあなたが決めることです。

催眠療法士(ヒプノセラピスト)になるためには・・・

もしあなたがどこか常識を超えた神秘的な事に関心があって、  
従来の常識にとらわれないセラピストを志しているとしたら、
あなたはこれからの激動の時代に必要とされる 
一流催眠療法士になれるかもしれません。

 催眠療法(ヒプノセラピー)はオカルトではありませんし、
また、トンデモ療法でもありません。
催眠療法は1958年に米国医師会も有効性を承認している
学問的な裏づけもしっかりしている優れた療法です。

 米国の催眠療法の権威者として著名なクラズナー博士は
催眠療法専門の通信制大学・大学院を1982年に設立しています。
催眠療法は決してウソが通じる世界ではないのです。

 私、上野がクラズナー博士設立の大学院で博士号を取得したのは
前世紀末、 西暦2000年の事でした。
提出物も(英文で)計600ページを超えました。

 さて、催眠療法は本質的に通常の心理療法と大きく異なる点があります。
通常の心理療法は通常の意識状態で行うのに対して、
催眠療法は通常とは異なる意識状態で行うと言う点です。

 こうした点からも想像できるように、催眠療法はいわゆるコチコチの常識人には
とても難しいものと思われます。
 あなたがもしコチコチの常識人なら催眠療法士(ヒプノセラピスト)になろうなんて
おそらく思ってはいないことでしょう。

 もしあなたが常識だけを重んじるような方ならともかく、
常識を超えたものに感心があるのでしたら、同じセラピストになるにしても、
ヒプノセラピスト(催眠療法士)はあなたに向いているかも知れません。
なぜならクライアントさんはよく常識を超えた体験を現実にするものだからです。

 催眠療法というものは端的に言えば、
クライアントさんの潜在意識から望む状態を引き出して、現在に安定させる療法です。

 ですがもっとより本質的に究極的な意味で言えば、
クライアントさんの潜在意識を現実化する療法なのです。

 このことで望ましくない過食や喫煙といった習慣的な状態から脱したり、
スランプに陥ってる状態から抜け出したり、
その他、各種望ましくない状態を変容させることが可能な療法です。

 もちろんこれには投薬も必要ありませんし、身体に触れる手技でもありません。
もちろん医師免許取得では一切試験さえ行われてない療法です。

医療なら患者は変性意識状態ではなく通常の意識状態で治療は行われます。
医師の方は催眠療法に慣れてるわけでも有資格者というわけでもありません。

また、通常の健康保険適用の心療内科等の医師の方にはとても割に合わない療法のため、
常識的な医師の方なら、一般にタブー視されてる催眠療法はわざわざ習得しないのが通常です。

 ですが、一方では、公的資格は必要としないため、誰でも習得して良い療法なのです。
健康法の一種として行える安全な療法だからなのです。
もちろん、私が取得してるような(催眠療法の)博士号も必要というわけではありません。

 でも、それをマスターするのはとても大変だとあなたは思われてるのではないでしょうか。

 そうです。 何でも一流のものをマスターしようと思えば、
それ相応の時間だけではなく、お金もかかるものです。

 いえ、お金と時間があればマスターできるというものではありません。
 誰が教えるか、これがお金や時間よりも一番重要なことです。

世の中では安易な催眠療法のセミナーも多数開講されているようです。
中には、1日、2日でマスターできると謳っているとこもあるほどです。
また逆に長期間かかって十分な内容を学べそうに一見見えるところもあります。
そうしたところに惹かれる方はそこが相応しいのかもしれません。

 私は今、田舎に引き篭もっていて必ずしも頻繁にお会いすることはできませんが、
私の大阪の弟子の宮地を一流の催眠療法士にするのに用いた教材を
ご提供する準備があります。

 でも、その前にこちらをまずご覧になって下さい。

このページの先頭へ